Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)の売上予測をしてみた

とうとうNintendo Switchの発売まで1ヶ月を切りました。(発売日:2017年3月3日)

発売予定のソフトもスプラトゥーンやゼルダの伝説などがあり、筆者も楽しみでしか無いですが、しかーーーしバカなおれは予約忘れていました!(泣)

くそやろおおおお!!!!

さて、今回の任天堂スイッチですが、据え置き型のハードは売れなくなったと言われてきておりますが、どのくらいの売り上げされるか過去の販売実績を見て予測したいと思います。

これまでの任天堂の売上実績

このようにグラフで見ると売上台数の差が激しいですね。Nitendo DSに関しては持ち運びができやすく子供のコミュニケーションツールとして人気の機種でもあるため、任天堂の中で売上台数が一位も納得ができます。

今回の注目としては『wii』となります。

wiiが売れた理由として考えられるのは、ゲームで健康志向ブームを引き起こせたことが考えられます。そのため普段ゲームをしない層(ライトユーザ)も家で体を動かせるならと購入に至った。ライトユーザの取り込みに成功したのでしょう。

では、今回のNintendo Switchはどうでしょうか。

売りとしては、ゲームをスイッチすることができる。据え置き型から携帯型(タブレット)に変えることができ、持ち運びゲームをすることができるということですが。

売りとしてはちょっと弱くないですか??

今回のターゲット層がよく見えないのです。任天堂は最近の傾向ではライトユーザ向けのゲームが多いのですが、ライト層が持ち運んでゲームをすることは少ないと思います。

では子供を狙ってるのでしょうか。

子供には少し高価過ぎる買い物でしょう。たとえ親が購入したとしても子供が外で遊ばせるにはリスクがでかすぎる(壊す)

ターゲットにファミリー層はもちろん含まれているとは思うのですが、それだけだとパンチとしては弱いように思える

売上を伸ばす鍵となるのは

サードパーティ製(任天堂以外のメーカー)のソフトが今回の鍵をにぎると思います。

WiiやWiiUではサードパーティ製のソフトが多く発売されなかった。

何故かと言うとコントローラーがリモコン型コントローラや、画面付きのタブレット風コントローラなど、特殊な形状がため他社が任天堂のソフト参入するには大きなリスクと手間があった。

今回のNitendoSwitchはどうだろうか。以下の記事を見つけた。

http://www.vg247.com/2017/01/19/nintendo-switch-will-fully-deliver-to-third-parties-what-wii-u-couldnt/

米任天堂社長のReggie Fils-Aime氏は、ニンテンドースイッチはサードパーティの開発者やパブリッシャーのサポートを維持するために必要な環境を提供すると発表した

・Reggie社長は「サードパーティが望むものは、大きく成長しているインストールベース、容易に作業できる開発環境、(ロンチ販売やダウンロード可能な)コンテンツを収益化する能力だ。私たちはWiiUではそれが実現できていなかった」と語る

・「スイッチでは完全に実現できるようになるだろう。ロンチでは私達のファーストパーティータイトルで勢いを維持し、サードにチャンスを作り出す」

やはり任天堂としても、問題視しているのはサードパーティ製のソフトの少なさが分かる。

だが、発表が遅い!(2017年1月19日に発表)

これから他社の開発が乗り出しても1年~3年はかかるので、早く発売しても2018年になるのだ。それまでにNitendo Switchが転けた場合、最悪開発中止もあり得るのではないだろうか。

結論

日本企業だからめっちゃ応援したいんだけど、大ヒットは難しいと判断。

良くて4000万台ぐらいと予想かなと。据え置き型はこれからは厳しいのかもしれませんね。

でも俺はマリオオデッセイがしたいんや!

おまけ

ちなみに天下のソニー様の売上実績

プレイステーション4でも5000万台強なんです。これをNitendoSwitchを超えるには難しいのではないでしょうか。

プレイステーション2てどこの家庭にもあったなーって昔の記憶を思い出しちゃいました。

Sonyも任天堂も本当に頑張ってもらいたいです。

スポンサーリンク
アーカイブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
アーカイブ