SNS上で『歌詞』の投稿も著作権侵害?JASRACが著作権侵害指摘

JASRACが音楽教室からも著作権料を徴収することが決定したということで大炎上している中、以下の記事を読みました。

mixiで「歌詞を無断利用」した投稿、ユーザーに削除を要請、JASRACが対応促す

記事によると

mixiなど、SNSの個人日記などに掲載されてる歌詞は著作権法上問題があるとしてJASRACが一斉削除を申し立てていることが分かった。

「歌詞の全文掲載」じゃなければ大丈夫だと思われたが、JASRAC側は「全文掲載」じゃなくても問題があるとしてる

ただしすべてのSNSが問題あるのではなく、アメーバブログやYahoo!ブログ、ライブドアブログなどは、事業者が利用料を支払っているため、ユーザーが歌詞を掲載できる。

一方、ツイッター、フェイスブック、mixiなどは利用料を払っていないため歌詞を一部分でも掲載すると削除対象or利用料を事業者が支払う必要が出てくると主張している。

もうね、アホとしか言い様がないでしょ。本当ヤクザ商売だよね。

これやられたら、ツイッター、Facebookの書き込みをいちいち著作権気にしながら投稿する必要が出てくるよ。

例えば、

今日の気分はめっちゃホリデーと書き込みっと
JASRAC
はい、今きみ歌詞つぶやいたよね?著作権払え
ふぁっっ!!!!

こんなことになるってことでしょ?これにはあややもびっくりですよw

ミクシーを最近ログインせずに放置している人も多いと思うので、一度過去記事をチェックしたほうが良いかもしれないね。

なぜJASRACは判断を下したのか

引用元:JASRAC使用料徴収額の推移

単純に著作権料徴収の維持が目的としか思えないですね。このグラフからも分かるように決して徴収額が減少しているわけではない。ただ近年の音楽業界の衰退などを考えて新たに徴収できるコンテンツを見つけたと思うのが納得できるかな。

ニコニコ動画やニコニコ生放送などの歌い手は大丈夫なのか

youtubeやドワンゴはJASRAC、イーライセンス、JRCと契約をしているため『歌ってみた動画の公開はOKで、CD音源をそのままだすのはNG』とある。上記団体以外の曲だとNGであるため、調査に必要となるが、この事実を知らずに曲を垂れ流している人や上記団体以外の曲をしようしている人が意外と多いのでは無いのだろうかと思う。(あんまり動画を見たこと無いので知らない)

歌詞職人も一応大丈夫ということになるのかな。。。

JASRACは悪なのか

決してそんなわけではないし必要不可欠な団体である。この団体がいなくなると音楽業界が無法地帯となり、レコード会社、アーティストに利益が回らなくなるのだ。

今回の著作権問題については音楽教室の方が大きな話題となっているが、俺としてはカラオケ店から徴収しているのなら音楽教室も同じと思っているので記事にはしませんでした。

結論

JASRACは金の匂いに敏感である。

ちなみに結婚式で流す音楽も徴収対象だから気をつけてね。

スポンサーリンク
アーカイブ